「株ってまるで生き物のよう」なんてことを投資家の間では話されています。安定しているチャートもあれば、動きが激しいチャートの銘柄もあります。また、経済や事件など、世の中で起こる出来事に敏感に反応することもあります。株取引で勝つには、世の中の動きに関心を向け、常に先回りする予測を立てることが重要です。

動きのない常に安定した株は存在します。
例えば、日本銀行の株などはその典型だと言えます。
日本銀行は中央銀行として日本の経済を調節するために様々な役割を果たしている政府のための銀行の役割を持っています。
しかし、勘違いをしている人も多いですが日本銀行というのは上場企業として上場されている立派な会社であるため、この会社の値動きもチャートを確認すれば見ることが出来ます。
見れば一目瞭然ですがほとんど値動きはありませんし、常に安定的なチャートになっていることがわかります。
日本銀行の持ち株は殆どが日本政府が保有していますので立場的には日本政府が親会社として機能しており、だからこそ日本政府は日本銀行を利用して日本の経済をより良くすることが出来るという立場にあります。
時の政権が上手く日本銀行を利用して日本銀行の総裁などを決めていますが、これはこうした政府と銀行の関連が上場企業としては親会社とその子会社という立場からも納得ができる関連性であると言えます。
もちろん、これは非常にわかり易い例で他にも株価の値動きが小さい分野は多くあります。
そもそも、株取引における値動きというのは需要と供給によって成り立っていますので、有名な会社であっても現状で需要がないのならば常に株価は安定することになります。
株価が変動するのはその銘柄で活発な取引が行われているからであって、イコールその会社がうまく経営ができていないことにはなりません。
特に、短期的に取引で利益を得たいと考えている人は特に需要が多い銘柄に注目して活発な出来高がある取引を求めるようになりますので、全ての銘柄で活発な値動きがあるわけではないということを知っておきましょう。

関連記事