「株ってまるで生き物のよう」なんてことを投資家の間では話されています。安定しているチャートもあれば、動きが激しいチャートの銘柄もあります。また、経済や事件など、世の中で起こる出来事に敏感に反応することもあります。株取引で勝つには、世の中の動きに関心を向け、常に先回りする予測を立てることが重要です。

【目次】

海外経済の影響を受けやすい株とは

海外経済の影響を受けやすい株の銘柄としては輸出を行っている製造業などがあります。
特にその影響は為替相場によってもたらされるものが多くなります。
一般に円高になると米ドルなど外国通貨に対して円の価格が上昇することを意味し、反対に円安になると円の価格が下落することになります。
輸出を行う場合には、相手国の通貨で決済されるのが一般的です。
しかし、決算をするためには日本円に交換または換算する必要があり、その時の円相場によって収益が大きく変わってきます。
特に取引高が大きければ大きいほどその影響は大きくなり、収益に大きな影響を与えることになります。
一方で為替相場は海外経済の影響をさらに受けやすいとされます。
特に相手国が好景気であれば、日本円が安くなりますが、不景気になると反対に経済が安定している日本円の価値が高まり円高になります。
このため輸出相手国の経済が悪くなれば物が売れなくなると同時に為替が円高に触れるため、収益をさらに圧迫するといった状況に陥ります。
反対に輸出相手国の経済が良ければ、物が売れるようになり、また円安になるので利益が増えるといった状況になります。
特に1つの商品あたりの値段の大きい自動車産業などでは、その影響は顕著です。
輸入業者の方はその反対の影響を受けることになりますが、日本に輸入されるものは商品あたりの単価が小さいこともあり、輸出業ほどの影響を受けない傾向にあり、むしろ国内の消費マインドの方が影響を受けやすい傾向にあります。
またいずれの株式でも株式相場全体の影響を受けるため海外を含めた全世界の株式相場が低下すると、それに引きずられる形であらゆる株式銘柄の価格が下落してしまいます。

関連記事